TAMの家づくり

住まいづくりを楽しむ、住まいを楽しむ

十里木の山小屋

十里木の山小屋、傷んだ外壁板を取り替える

十里木アトリエ工事に合わせ山小屋の塗装工事を行いました。 片流れ屋根の樋なしのため、屋根下部にあたる壁面は他の箇所に比べ雨がかりとなり、前面には樹木の枝葉が近いため外壁板の傷みがありました。 外壁材はDIYの部分取替を考えていましたので、流通材…

十里木アトリエ、休む暇なし

1週間おきの現場ですが、山の天候などもありゆったりした進行です。 外壁を張る前にストーブ煙突、電気配管、換気配管を行います。 暖房は今回もペレットストーブです。 小さなアトリエなので、母屋でも検討したRS-MINIとしました。 ペレットを購入し…

十里木山小屋の塗装改修

十里木山小屋が完成して丸6年です。 十里木アトリエの増築を機会に外壁等木部のDIY塗装を行います。 外壁の南面で日の当たるところはシルバーグレーに変色、西、北面はまだ生地色 です。東面は屋根流れ下となっていて雨がかりとなり、少々の黒カビ、木部腐朽…

十里木アトリエ、上棟です。

夏の暑さに続き、長雨です。 山の天気は気まぐれですが、予報を頼りに足場架けを行いました。 外部の塗装工事は自分たちで行うので足場架も施工参加です。 日を改めての吉日上棟です。 上棟日といえど朝から母屋の洗い作業です。 屋根は2回目の掃除ですが、2…

十里木アトリエ、整地作業の一日

鳶立道さんから新築現場の基礎工事で造成土のザルボウが3~4台分でるので必要か?との連絡が入りました。 以前いただいた山積となった3立米をこつこつとBBQ炉廻りに移動していましたが、3~4台いただけるとなると重機出動と整地お願いに切り替えです。 重…

住まいづくりの楽しさ

十里木アトリエの基礎工事です。 今回はフル装備でのお手伝い。 基礎の立道さんもご家族での作業です。 こちらは楽しく作業させていただきました。 軽作業しか出来ませんが少しはお役にたてたものと思います。 採れたてのタケノコもいただきました。 富士山…

十里木アトリエの表札

十里木のアトリエは仕事の拠点としても考えています。 山小屋は地元の職人さんたちと、楽しみながら一緒につくる手づくりのスローな住まいづくりでした。 現在工事中のアトリエも同じです。 ここではそんな仕事のかたちを考えております。

少量コン打ちで考えた

十里木のアトリエ工事。 大工の杉山さんに連絡したところ、基礎のコン打を明日行い覗いてきますとのお話。同じ別荘地に工事現場があるようです。 基礎工事の立道さんにLINE連絡したところ、朝8時半とのことなので、夜に十里木入り。不要不急でない仕事です。…

基礎屋さん、LINEをつかう。

十里木のアトリエの基礎工事です。 前回のやり方の際に基礎の立道さんとLINE友達となり、進行具合の報告をお願いしました。 HM工事がたてこみながらも、小さな工事のため合間に作業をしていただいております。 HMで工事進捗報告がなれているようで、こちらの…

ひとまずやり方

十里木のアトリエの工事はひとまずやり方を行いました。 コロナ禍で建築工事の職人さんたちが忙しくなっているとか聞いていたものの、大工の杉山さんは地元の方でマイペースの様子。 基礎屋さんは忙しいんだよねと言っていましたが、突然に連休明けにやり方…

十里木の山小屋の館銘板

十里木の山小屋の館銘板は、新築端材の杉板の上に文字を工作用陶土でつくり貼りつけていたのですが、経年の水分で柔らかくなり台風で一部が剥がれ落ちてしまいました。着色塗装で防水処理をしたのですが、工作用陶土では長持ちはしないようです。 文字の修理…

解体現場の樹木

わが家の南側の駐車場の解体が始まった。 4か月で15棟の住宅地となり、年内には建物も完成となる。 私どもが、この地に越してきた15年前は廻りが畑や駐車場であったが、畑も半分以上が住宅地やマンションとなった。 わが家の南側に区画される土地は奥行の無…

施工依頼の難しさ

小さな工事、まして各職人さんと直接工事を行う直営工事は施工依頼が難しい。 アトリエ棟の増築も十里木の山小屋工事を請けていただいた方々にお願いしたのだが、基礎屋さんが大きな仕事の下に入ってしまったため、基礎屋さんを変更することに。 前の基礎屋…

整流付吐水口の清掃

十里木山小屋の洗面水栓。 整流口となっているはずが、滝口のような水の出方。 別荘地の地下水利用で水圧が一定していないためかなと思っていたのですが、 もしやと思い整流口を外してみると、整流にするためのネットにゴミの付着。 綺麗にして使用。 少し水…

水道屋さんたちと出来ること

5年前、地面一面に背丈ほどのクマザサが茂り、フジズルが絡みつき、朽木や倒木のあった場所も家族総出の整備で山小屋「OUR CABIN OUR DIY」が建ち、幹・葉・花・実などで敷地にある大まかな木の名前が判ってきました。 敷地内に複数ある木はモミ、モミジ、サ…

アトリエをつくる

敷地に大きな2本のモミ(たぶん)があり、その場所は一段高くなっておりとても感じの良い場所です。 いずれと思っていたものが、コロナ禍の移動制限や自粛、キャビンの外壁メンテナンスと考えているうちに今ということになりました。 自宅のロフトに眠る画材…

山小屋の下草刈り

山小屋の廻りは放おっておくとすぐ笹や小木が地面を覆い初めます。 1年で1mほどにもなってしまいます。 今まで枝切り鋏で格闘していましたが、 ついに草刈り機の出番です。 南富士は東京のニュースで見る山梨県側ほど頂上には雪がまだありません。 紅葉もまだ始…

初めての煙突掃除

標高900mの南富士の十里木に山小屋を建てて4年ほど、年に十数回しかストーブを使わないため、まだまだ良いかとやり過ごしてきた煙突掃除。 道具の購入を機会に今回掃除をしてきました。 外内共にビニール袋で煤を受けられるようにしてみました。 外せる配管は外で…

十里木での夏休み

夏休みのような数日の休みが続くと回復するまでに幾日かかるのは、休日があるようで無いような仕事をしているせいかもしれません。盆休みの十里木は台風の影響も少なく過ごせました。気温は練馬に比べ昼夜8℃程度低く、湿度はありますがとても快適でした。3ヶ…

屋根に登ってわかること

十里木に200mmを超える雨が降りました。 翌日に到着してみると、裏の道路の一部アスファルトが流れてしまい通行止めとなっていました。亀裂から下部の砂利が流れてしまい、水圧でアスファルトを剥がしてしまったようです。40年も経つとなかなか厄介です。 さ…

ごたごた荘にも秋が来た

十里木のごたごた荘は1000m近くに位置するが、木々の色づきは東京とあまり変わりない。シンボルのモミジは枝払いをしたせいか年々発色が良くなっているような気がする。朝起きて真上に見るのはこの時期の楽しみでもある。硝子が汚れているのがきになるが・・…

館銘板

十里木の山小屋にようやく名前がつきました。

ゴールデンウイークの仕事

ゴールデンウイークの十里木での仕事は、まず倒木の後始末。 倒れた部分を切断し枝払いを行ないます。 鹿に噛られた大木の根本の保護。 やはり食べられたハーブ類の保護柵をつくりました。 下草刈りして、山小屋を建て、雑草避けに野芝の種を昨年撒いたが結…

専用より兼用

山の天気は変わりやすいものです。 外での食事は楽しいものですが突然の天気の変化には注意が必用です。 雨戸用の防炎シートをタープとして利用。 防炎シートなのでコンロ上でも多少は安全。 鳩目があるのでロープで要所に固定すれば簡単に設置可能です。

冬の山小屋

今年始めての十里木は雪景色です。 昨年は雪で煙突の支えが緩みました。 今年は、鹿に樹皮を食べられた木の倒木による電線への干渉がありました。 注意と覚悟をしていれば対応も問題ありません。 春の芽吹きにも出会えます。

枝払

梅雨明け直後に来た時はセミの合唱でしたが、 8月になるとセミの鳴き声はほとんど聞こえません。 懸案だった建物脇の大きなモミの木の枝払を知り合いの草譚馬渡さんにお願いしました。 ずっと手入れのなかった大木の日の当たらない枝葉は大風の後に地面に落…

屋外調理炉づくり完成

ゴールデンウィークより2週間後、愛鷹ツツジ満開は1週前。残念でした。 釜の炉口は完成。 バーベキューコンロの底板をすべてコンクリート側溝蓋とすることに決定。 次回作業に回す。 設計図通りにはなななか行かないものです。 臨機応変、作業集中で図面を見…

屋外調理炉づくりゴールデンウィーク

十里木高原の山小屋の調理炉づくりです。 まずは図面作成。 バーベキュー炉の下にピザ窯をつくることに決定。 材料をピックアップし明日御殿場に買い出し。 車への積載重量を考え初日は基礎材料とレンガ約半分を調達。 帰り道に砕石にするスコリアも調達。 …

十里木の照明

十里木のキャビンは非日常空間です。 照明は普段は眩しくて住宅設計では使用しない、いかにも灯りの透明ランプを使用しました。 灯具も陶製レセップ等安価なものでシンプルなものを使用しました。 透明ランプのLED発光部、白熱灯のフィラメントの形の妙、発…

十里木の食卓

今頃の食卓は鍋が多い。 今日はチーズフォンデュと手頃なボジョレヌーボー。 バケットは暖炉でからッとさせる。 日常と同じくTVを見ながら2人で調理。 ここではTVを引いていないので、TVWifiをipadにつなぐ。 音楽もYoutubeと息子からプレゼントされたBlueto…