TAMの家づくり

住まいづくりを楽しむ、住まいを楽しむ

水道屋さんたちと出来ること

5年前、地面一面に背丈ほどのクマザサが茂り、フジズルが絡みつき、朽木や倒木のあった場所も家族総出の整備で山小屋「OUR CABIN  OUR DIY」が建ち、幹・葉・花・実などで敷地にある大まかな木の名前が判ってきました。

敷地内に複数ある木はモミ、モミジ、サクラ、ツツジ(アシタカ?)、アブラチャン。

コブシ、ニワトコ(多分)もあり、そして今回綺麗なピンクの実と真っ赤な種をつけたことでその木がマユミであることが判りました。敷地北側は群生しています。

マユミ(檀)は私の設計の師匠の名前で、大きな縁を感じます。

f:id:tamworkroom:20201031152132j:plain

「OUR CABIN OUR DIY」とマユミの木

今週2日間、計画アトリエ基礎に当たる給排水管の移動工事を行いました。

経路出しには建物の位置出しが必要です。

設計時にパートナーと望遠レンズカメラ+水平器付三脚での簡易レベル測定とモミの木の根廻りにくる独立基礎の試掘を行って位置出しをしているのですが、専用測定器により精度を出し、掘削重機で支持地盤(地盤面下75cm)まで確認出来ました。

 

建物にかかるコナラ伐採とツツジ移植もお願いした関係で、水道設備スギヤマさんと掘削重機作業のワタナベさんともう一人のワタナベさん3人となりました。

コナラは引込電線絡みがあるため作業中の取外・再取付を東電にお願いしました。

 

3人なので作業の余力がでることもあります。

伐採のためのチェーンソーがあるので、今まで気になっていた樹木の枝切等もお願いしました。私が指示と手元(手伝い)です。

 

今回配管経路掘削により支持地盤の確認が出来、レベル測量を行ったことで伐採木の切断レベルだけでなく計画の検証もできました。

 

設計見積をお出ししていますが、多少の増額があると聞いています。

作業の一つ一つに金額を当てると大きな金額となってしまいます。

今回の場合、作業人工で出来ることをお願いしたので費用対効果はかなり良いものとなると思います。

 

伐採したコナラはスギヤマさんにボイラー用の薪としてお分けしました。

 

その他の直営工事は設計見積として5年前の単価に多少のプラスを付け提示しましたが

電気工事以外無理との返事なので提示額出しをお願いしました。

各工事の人工数量が増えるものと思います。

 

f:id:tamworkroom:20201031155557j:plain

ユンボバケットで倒す方向に誘導する

f:id:tamworkroom:20201031155843j:plain

伐採木の切断レベル位置確認

f:id:tamworkroom:20201031155952j:plain

配管経路掘削。黒土が堆積土、赤土が地山、5年前のSS試験の地盤面下75cmと一致する。

 

f:id:tamworkroom:20201031163041j:plain

ツツジ(アシタカ?)は計画デッキの正面に移植

 

 

 

 

アトリエをつくる

敷地に大きな2本のモミ(たぶん)があり、その場所は一段高くなっておりとても感じの良い場所です。

いずれと思っていたものが、コロナ禍の移動制限や自粛、キャビンの外壁メンテナンスと考えているうちに今ということになりました。

自宅のロフトに眠る画材やカンバス、物置に置かれた陶芸材料、自宅での置場に困っているザノッタサッコ、買い替え予定のヤマハグラビノーバ等を持ち込む予定です。

室内にはハンモックを吊るし椅子、ソファ、ベッド替わりとします。

屋外ポーチ、テラスでも吊るせるようにします。

室内6畳に4畳のリビングポーチとロフト、ポーチと一体床のモミの木下のテラスです。

 施工メンバーと段取りと調整を始めました。

いよいよスタートです。

f:id:tamworkroom:20201017130030j:plain

f:id:tamworkroom:20201017130049j:plain

f:id:tamworkroom:20201017130319j:plain

f:id:tamworkroom:20201017130348j:plain


 

 

 

窓からの景観

窓からの景観は大切だ。

西側の敷地に4階建てデーサービス併用集合住宅が出来て1年半ほど、2階のリビング窓前に地主さんの了解をえて植えたわが家のシマトネリコは窓前の目隠しと緑と木にやってくる野鳥で以前の視界の抜けと眺めには及ばずとも、楽しい毎日が送れている。

f:id:tamworkroom:20200929101401j:plain

1階仕事場と打合室の窓は計画図面にあった高さ3Mのソヨゴと2Mのキンモクセイで目隠し出来ると考えていた。

ところが仕事場窓前のソヨゴは目隠しにならず、デーサービスの出入口でもあり落ち着かいない日が続いていた。

朝顔グリーンカーテンは、収穫した種を植えていたせいか、土の栄養不足か今年は2割ほどの目隠しにしかならず、いよいよ窓前の緑を考えることにした。

鉢植えとし、成長が早く、手間がかからず常緑で葉が綺麗なユーカリとアカシア、前者は虫がつかず、後者は花が楽しめると狙いをさだめ植木の街川口の安行に買い出しに出た。

f:id:tamworkroom:20200929104235j:plain

成長が楽しみである。

f:id:tamworkroom:20200929104324j:plain

f:id:tamworkroom:20200929104403j:plain

ユーカリは根廻りが小さく、鉢が場所をとらない。グリーンカーテンの支柱が枝を支え、窓前を塞ぐように枝を誘導させる予定。

そしていよいよ、来年は入居14年目にして大きな南側駐車場に住宅の開発が始まるようだ。

そこは設計段階で対処済。

住まいづくりで生活を楽しむためには対処と対応が大切。

f:id:tamworkroom:20200929110823j:plain

f:id:tamworkroom:20200929111153j:plain

f:id:tamworkroom:20200929111938j:plain


f:id:tamworkroom:20200929111003j:plain

 

 



緑を楽しむ

朝夕が涼しくなり寝具をガーゼケットから綿毛布に変えようかと迷ってしまいます。

今から1カ月前、忘れていたころに届く宮崎椅子の家具の納品確認と合わせて新型コロナ禍の影響で遅れていた築一年の住まいの確認に行ってきました。

とても暑い日が続いていました。

庭の緑もそこそことなり、駐車場のダイコンドラも思ったようなかたちとなってきました。

f:id:tamworkroom:20200921122658j:plain

f:id:tamworkroom:20200921122726j:plain

ここは土地区画整理の場所で、この建物は区画の事業完了後すぐに始めたのので廻りの建物の完成は見ておりませんでした。

敷地すぐ裏手に建築途中の集合建物があり、敷地廻りが大変ゆとりがあるので興味を持っていましたが、感心するほどの緑の住まいでした。

f:id:tamworkroom:20200921123954j:plain

菜園付き賃貸住宅となっていました。

苗木など希望を聞いて用意してくれるそうです。

野菜の収穫や手入れがリモートワークの息抜きとなっているようです。

裏手には手づくり釜のある広場もあります。

f:id:tamworkroom:20200921124427j:plain

スイカを育てている強者もおりました。

f:id:tamworkroom:20200921124606j:plain

ここは郊外ですが東京駅から電車でも車でも30分弱です。

住まいは楽しくありたいものです。

 

 

 

 

 

住まいの入口どちらが良いか?

非常に暑い日が続くと、わが家の入口が北側で良かったとつくづく思う。

第一に外に出るときの暑さの衝撃がない。

第二に車が建物の日陰となっていて、すぐに運転できる。

また、車に優しい。車内機器も安心で紫外線によるヘッドランプ等の樹脂の変色も

少ない。

いや待てよ、梅雨の季節には陽が当らない踏石やポーチ土間(土を固めたもの)の苔掃除が大変だった。

雪が降れば入口の雪はなかなか溶けず参ったではないか。

とはいうものの、設計者ですから机上で解っています。

いや、設計者でなくても解ることですね。

住み慣れた場所、ここイイネと思った場所ならば、

住まいの入口どちらが良いかではなく、設計で対策をすれば良いことですね。

f:id:tamworkroom:20200811165340j:plain

f:id:tamworkroom:20200811165424j:plain

 

 

 

床下収納について考えた

 

 

f:id:tamworkroom:20200731172107j:plain

宅建材は見かけによらず高額である。

クライアントには、電化製品などの金額と比べ必要の有無を確認する。

床下収納という商品がある。

収納樹脂ケースと蓋で出来ており、1階床下設置の場合は収納ケースを取外すと床下点検口となる。

保存瓶や缶詰めなどを収納し、キッチンに取りつけることが多い。

住まいを考え、参考本をみたり住宅展示場を回った建主。住宅営業、設計に関わる人の多くは、1階床下の点検口は一般木造住宅では必須であり、収納ケースが数千円で購入できるならまあ良いかとなる。

樹脂ケースは30Lか60L程度、点検口必要→キッチンに床下収納欲しい(おすすめ)→(断熱仕様)点検口2万+収納ケース5千、60Lは倍価格なので30Lでもまあ良いかとなる。

疑うことなく建物金額に上乗せとなる。

色々迷うところが多い。

点検口2万高いな、樹脂ケース不要では、どうしよう。

床下は温度が比較的安定しているので野菜の保管にもいいな。

床下は広いのでなんでも収納できるなということになる。

一般品が保存瓶、缶詰め保管とあるのは販売上保管に難あり(虫害、獣害)と判断される品除外、設計施工不具合で湿気の籠る床下対応なども考えてのことではとなる。

自宅では、玄関に設置し保存可能なイモ類、ネギ類は大量購入して収納している。

温、湿度計も設置しているので床下の状態も常にわかるのでとても便利だ。

生協での購入もあるので配達即収納となる。

山小屋では床下全体を収納庫とし少し高めに床を設定している。

室内湿気対策でもある。

位置は資材やペレットの搬入を考えた。

点検口は床板と断熱材を取外し使用、把手金物のみで大した費用はかかっていない。

建材メーカーのおもい、設計者の思い、クライアントの想いが建物価格を大きくしている。

 

製作キッチンは自由だ

f:id:tamworkroom:20200617170240j:plain

住まいの既製キッチンの表面材は鏡面塗装や樹脂系のシートで出来ています

傷が付くと綺麗な補修は困難と思います。

キッチンは今までの経験より丈夫であり、こまめな修理が出来なくてはならないと考えていました。

そこで考えたのは製作塗装仕上のキッチンです。

食洗機が故障し交換しましたが、シナ合板をパネルとしDIYで同色塗装しました。

f:id:tamworkroom:20200706151259j:plain

また、キッチン脇に設置したドラム式洗濯機の取替では、製品の高さが大きくなり扉下カットをDIYで行いました。練芯材だから可能です。

f:id:tamworkroom:20200617171043j:plain

扉の塗替えもDIYです。

塗り替えればまた綺麗になります。

f:id:tamworkroom:20200706153233j:plain

金物も長く使用すれば不具合がおきます。

引出しの締まりが悪くなったところにラッチをつけたりしています。

掘り込み手掛けでしたがDIYで引手を取付ました。

塗装仕上なのでまたもとに戻しても取り付けた場所はもとに戻せます。

f:id:tamworkroom:20200706145816j:plain

LCC(ライフサイクルコスト)と快適性でいえば製作キッチンは優れものです。